SARUME

​ SARUMEは映像と音楽との舞台を実現したく、当時、東京芸術大学の学生も含めて2014年に永福町にあるsonoriumで実施した。​この時の経験が、まさにLENZAN ART Production の原点に違いない。とにかく、空間はもちろん。ロゴは尊敬するタイポグラファーの小泉均氏にお願いし、プログラムのアイデアもとても攻めていた。学生の才能は輝くものであったし、とても力を感じるものだった。

 本当に、当時のメンバーに心から感謝している。現在は、マンパワーなどの問題で休止しているが、できれば、新しい形で SARUMEの活動を再開したい。

​2014年の作品は古事記の天岩戸がテーマになっている。

Photo