ZEN   no  OTO

​ 禅の響 ZEN no OTOは、今では殆ど耳にする事がなくなった、古典本曲(禅の普化宗に伝わる虚無僧が吹いた曲)を吹禅(座禅のように演奏すること)、また新たな吹禅を追求するため、吹き手の工藤煉山が作曲した作品を聴いていただくプログラムです。

空(くう)の音を求めて

自然の中にただ「在る」。そうした音をずっと探し求めています。 「空(くう)」のような、有るとも無いともいえない狭間の音。自我を感じさせない音。 「禅の響  ZEN no OTO」は禅の精神を大切に吹禅する、年4回実施するプログラムです。 

自然と共に

毎冬、私は竹林に足を運びます。自然を感じながら竹を採り、その後、時間をかけて 江戸時代と同様の方法で地無尺八をつくります。 現在、一般的に耳にする尺八は内管に漆が使われています。凛とした音で、とても綺麗、 また迫力のある音です。対して、地無尺八は漆は使わず、節も残すなどして響きを調整 します。不完全であるが故に、味わい深い、心に染み入る響きを持ちます。 一本一本、竹の形によって響き方が違うのも特徴です。 大事に作った尺八の響きをお楽しみください。

森の囁きや虫の音を聴くように

「耳をすませる」。とても日本らしく、好きな言葉です。 自然の音を聴くように耳を傾けてみてください。

Brochure

Sounds Archive

  • Facebookの - 灰色の円
  • Twitterの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円
  • YouTubeの - 灰色の円
  • SoundCloudが - グレーサークル